消費者金融審査通過しやすい銀行

消費者金融審査通過しやすい銀行

審査通過率の高い銀行カードローンは、新生銀行レイク、オリックス銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなどです。その他ネット銀行も比較的通りやすいと言われています。

銀行カードローンはインターネットが便利

いずれの銀行カードローンも、WEB申込が基本です。カードローン会社ではなく、銀行は審査もキツイとされていますが、今はそんなことはないようです。消費者金融よりは厳しい面はありますが、信用情報と収入の高さがあれば審査は通ることも多いようです。

銀行系カードローンそれぞれの特徴

銀行カードローンの場合、保証会社が消費者金融であることが多いです。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、最近審査が通りやすいと評判ですが、保証会社が消費者金融です。ということは、審査基準も多少消費者金融に近く、スピード審査が期待できます。

他社のカードローンではダメだったけれど、バンクイックカードに落ち着いた方も多いです。ということは、バンクイックが審査が甘いといえます。

レイクは新生銀行に統合され、消費者金融ではなく銀行カードローンとして生まれ変わりました。消費者金融のノウハウを活かした審査で、こちらも審査通過に期待です。

信用情報に金融事故がないこと

銀行カードローンでは、信用情報の金融事故には敏感です。ブラックリストに対しては新規貸付はしないことが多いです。これは保証会社が消費者金融でも同じであり、信用情報機関のチェックは厳しいです。

消費者金融の限度額である総量規制は、銀行カードローンにはありません。総量規制対象外の商品です。商品によって限度額がありますが、収入によって銀行側が判断します。

しかし、総量規制とあまり変わりはないのですが、返済状況によって前後します。多重債務、債務整理に関しても、事故情報として捉えられることで、審査に通らないことが多いです。

アコムやプロミスに借り入れがあり、銀行カードローン申込ではなく、消費者金融より先に、銀行カードローンのカード発行の申込をすることをお勧めします。多重債務はあまりしない方が良いです。

カードローンの審査基準の違い

正確には、銀行カードローンと消費者金融では銀行の方が審査が厳しいとされています。ですから、サービスを受けるのは銀行を先に持ってくる方が審査通過率も高いです。

細かなことですが、カードローン情報では常識です。成約率は銀行カードローンの方が低いので、新規貸付のときには順番を考えると良いでしょう。

そうなると、レイクの立ち位置が気になります。以前は消費者金融、現在は銀行カードローンになっていて、ある意味では出世したともいえます。しかし、無利息期間が5万円まで180日の現在はサービス。魅力ですが、その後は金利18%の銀行カードローンです。

この金利は、銀行カードローンだけではなく消費者金融よりも高いので、長く使うにはメリットが小さくなってしまう方もいます。今だけレイク、5万円の無利息期間だけなら断然お得ですが。

銀行カードローンはお得がメリット

利息差が大きく、キャッシング枠もワイド。カードローン金利の平均が低い銀行カードローンについては、借りる額も高くできます。

商品によっては、借入額が500万円超のものもあり、年収が高い方は、最初からの銀行カードローンの新規申込がお勧めです。限度額最高800万円の商品も出現していますが、最近の報道では審査も厳しくなってきているとのこと。規制が始まる前の申込がお得かも?