消費者金融審査通過しやすい甘い融資

消費者金融審査通過しやすい甘い融資

キャッシングはインターネットで行う時代、銀行カードローンも消費者金融も申込はインターネットが便利です。

いつから銀行はカードローン会社になった?

その昔、銀行でのキャッシングは融資と言うかたちで、担保ナシでは借りられなかった時代があります。ほんの数年前のことです。

それが、今やカードローンは当たり前。大手銀行ではなく、地銀、信用金庫でも、消費者金融並のサービスです。ただし、内容は同じようですが、消費者金融とは法律が違います。

よって、銀行カードローンは銀行法により、総量規制対象外で限度額も大きく、収入がない専業主婦も作ることができます。

消費者金融の融資は本業

もともとお金を借りるのは、消費者金融が貸金業法に則って以前から本業としています。昔はサラ金と呼ばれていましたが、今も内容は同じです。違うことと言えば、金利が低くなりわかりやすくなったことです。

キャッシングは、お金を貸す・利息を付けて返してもらうだけの単純な内容です。しかし、肝心なことは、必ず返済をしてもらう客を選ぶことです。

融資と審査

銀行も消費者金融も必ず審査をしてから、新規貸付を行います。そして、金利は各金融業者で独自に設定しています。それぞれの法律で決まっているのは、最高金利が20%であることです。これを超えない限り、自由に設定ができます。

審査内容に関しては、保証会社も交えてのことですが、基準は違います。しかし、銀行・大手消費者金融・中小キャッシングの3つの段階に区別されます。中小が一番審査に通りやすいけれど、金利が高いとされる消費者金融です。

審査内容の公表はありませんが、

  • 金融事故
  • 多重債務
  • 収入の有無

などを確認して、返済能力がある方だけがキャッシングができるようです。

中小キャッシングでは、このうち重視するのは収入で、あとの項目については、多少の傷は大目に見てくれるようです。ですから、中小キャッシング=中小消費者金融や街金は、審査が甘いとか、ゆるいと表現されることが多いです。

審査の甘さはあるけれど

中小消費者金融の特徴としては、最も融資をしてくれる金融業者といえます。

しかし、大手消費者金融のような銀行系の金融機関でもなく、規模も小さいです。無人契約機、カードがあるところは少なく、口座を使った振り込みキャッシング会社です。使い勝手から行くと、借金の申込、振り込み、振り込みで手数料負担で返済になり、ATMで気軽なカードローンということはできいところが多いです。

また、審査は甘いですが、時間がかかることも多いのですが、自己破産後数年での融資を受けることができたという口コミを見ると、法律では大丈夫なのかな?思ってしまうほどの甘い審査は魅力です。