消費者金融審査通過しやすい 信用情報

消費者金融審査通過しやすい 信用情報

カードローン、消費者金融、住宅ローンやカーローンの各種ローン、クレジットカードなど金融会社や金融機関からの融資を受けるときには、必ず審査があります。

カードローン会社だけではなく、保証会社からの保証もなければ審査落ちになってしまうのですが、そこで確認するのが個人信用情報機関です。

日本にある3つの個人信用情報機関

現在国内には、3つの個人信用情報機関があります。それぞれの金融機関が必ず加盟しなればならないのですが、自分の情報を報告・照会する権利です。ですから、信用情報は常に更新され、最新情報を確認されることになります。

キャッシングの申込のとき、いちいち内容をみるのですが、コンピュータで行うところ、人の目で確認など方法はさまざまです。そこで、金融機関の審査基準と照らし合わせて、今回の貸付に対しての回答を行います。ですから、この信用情報の内容が肝心です。

ところで何が記録しているか?というと、過去の返済記録と言って良いでしょう。クレジットカード会社のショッピング、キャッシングのほかに忘れてならない携帯電話の新機種のクレジット、ローンなどの返済をどうやって行ったかが全て記録されています。

そこで金融機関が契約のために必要なことは、延滞がない、多重債務が合ってしても許容範囲である、債務整理の有無などを見ていくわけです。

一部の信用情報は、自分のものは閲覧することができます。そこで「異動情報」があれば、大変危険な状態です。異動情報があると大手消費者金融と銀行カードローンは審査落ちです。中小消費者金融では要相談になります。

銀行カードローン審査は特に厳しい?

カードローン申込で、銀行カードローンの場合は、時間をかけて信用情報を確認すると言います。異動情報ではある金融事故はもちろんですが、過去の記録をきちんと見るようです。

余談ですが、住宅ローンの申込のときにキャッシングをしていただけで審査落ちをしてしまう、金融事故があると、契約ができないところがあります。それほどうるさい審査が待っています。

こんなに確認しなければならないのは、返済能力を調べるからです。過去の過ちに対しては、銀行借入はとても厳しい審判が待っています。

銀行系カードよりまだマシの消費者金融

成約率が少し上がる消費者金融は、銀行よりはゆるいのですが、異動情報も延滞も確認されます。総量規制が関係していますから、利用限度額もチェックされるのは当然ですが、過去の返済状況で難がある方に対しては、総量規制に余裕があっても審査落ちが待っています。

年収が少ないだけではなく、借入件数が多い、キャッシング利用頻度が多いなどの細かな審査も関係します。提出される書類と、収入との返済比率などから、ローン契約が難しくなりカード発行ができないこともあります。

在籍確認

どこの金融機関も最後は在籍確認です。信用情報でOK対象者だけが、最後の在籍確認で勤務先の電話をします。◯◯さんはいますか?だけの簡単なもので、ここまできたら、一安心です。