審査の甘い消費者金融 即日融資

審査の違いについて 中小消費者金融は審査が甘い

融資を受けるときには必ず審査があります。カードローン、キャッシング、クレジットカードなどもすべて審査をした上でそれぞれの審査基準に合うのが条件です。

基準は違うのは当然で、銀行系カードローンと大手消費者金融も違いますし、中小キャッシング会社は甘くなっています。

消費者金融と銀行カードローン審査の違い

金融業者でも消費者金融と銀行は法律からして違います。

審査で言うと、銀行の方が厳しく総量規制対象外で限度額が高いです。消費者金融は必ず総量規制対象の年収3分の一が限度額となっています。ですから、一般的には銀行カードローン審査に落ちても、消費者金融の審査を通過する方が多いです。

審査に落ちたらブラック?

これは審査通過率の問題ですが、大手消費者金融や銀行では約50%台だと言われています。信用情報で審査基準に合わない点があると、“その時の申し込み”の審査には通過しないというのが正確です。それがブラックの場合もありますし、消費者金融では総量規制範囲をはみ出した程度の場合もあります。

ですから、全てに関しては、ブラックとは言い切れないです。また、大手消費者金融の審査に落ちて、銀行カードローンの申し込みをしたところ、審査に通過することもあります。

銀行と一口に言っても、大手銀行から地方銀行、信用金庫などもあり、それぞれに審査基準が違います。インターネットを使って全国から申し込みができる時代になっていますから、審査通過率もこれがこう、落ちたからブラックブラックとは言い切れないのです。

審査の甘い消費者金融

これは中小消費者金融や街金を指します。貸金業法の法律で行っている貸金業で、名前こそ知られていないですが、地元で知っている方が多いのが特徴です。

銀行カードローンも信用金庫なら知っているというような感じで、お金を借りるのならあの会社と知られていることが多いです。そのような一見ほそぼそと営業しているところでも、最近ではインターネットを使って全国対応のキャッシングをしているところが増えてきました。

どのように審査が甘いか?というと、他社借入が多い、事故情報がある、任意整理等の債務整理をした、多重債務など、大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない方も受け入れています。いわゆる、ブラック対応のキャッシングサービスを行っています。

ブラック対象だから全国から申し込みが殺到?

少しオーバーな表現ですが、審査の甘い消費者金融では返済能力がある、年収が保証されている方に限定でキャッシングができます。その時に、総量規制限度額を越えることはできません。

信用情報機関では、自己破産などをした金融事故もある方でも審査をした上で、利用限度額であれば審査通過ができる可能性があります。振込キャッシングが中心ですが、フリーローンとして借り入れができます。

各中小消費者金融の審査の違いもあり、とても甘いとされる金融業者では、全国から申し込みが殺到しているとの噂もあります。

人気の中小消費者金融

申し込み方法は大手消費者金融とほぼ同じだったり、カードローンが使えたり無人契約機がある中小消費者金融もでてきました。フリーローンだけではなく、不動産担保ローン、事業者ローン、まとめローンもあったりと、ブラックの借入先としては条件さえ揃えば、使いやすい金融業者です。

金利が高めであったり、審査に時間はかかるものの、ブラックにとってはこのような中小消費者金融の存在はなくてはならないものになっています。