サラ金で借りたい!審査甘いところ

中小消費者金融について

中小消費者金融の借り方は振込キャッシングが多いです。これは、カードがないことが多いと言えるでしょう。

大手消費者金融ではあり得ない

大手消費者金融も銀行カードローンもカードローンです。これは、限度額が設定されていて、その範囲内は、無人契約機やATMキャッシングで自由に出し入れができます。

中小消費者金融の場合は、それができないことが多いのですが、最近はカードローンができるところもあります。しかし、カードは要らない借り方をする方が多いのも確かです。

中小消費者金融の借り方について

たいてい中小キャッシングに申し込みに行く方は、大手消費者金融や銀行カードローン審査に落ちた方です。多重債務などでブラックになっていることが多いです。他社借入件数が多いために審査落ちした場合、総量規制限度額もあまり余裕がない場合があります。

カードを持っていても自由に使えない場合、振込キャッシングで十分な方も多いようです。そして、中小消費者金融は初めてのブラックに対しては、数万円しか貸付をしません。これはどこの中小消費者金融も同じです。ですから、カードローンのような使い方ができないことも多いのです。

しかし、完済をして、多重債務も解消したあとの中小消費者金融の利用では、カードローンがあったほうが良いでしょう。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融は大手よりも金利が高いと言われていますが、中にはほぼ同じだったり、わずかですか金利が低いところもあります。

また、コンビニATMが利用できたり、地方ですが信用金庫ATMが利用できるところもあります。良く内容を確認すると、大手消費者金融と引けを取らない借り方ができます。そして、審査が甘いというのですから、最初から中小消費者金融に絞ってキャッシングというのもおすすめです。

総量規制限度額は絶対

大手も中小キャッシングも総量規制が利用限度額です。銀行カードローンと違い曖昧でもなく、高い限度額もありません。

審査の甘い中小消費者金融では、限度額内での貸付になります。貸金業で守られているこの範囲しか借りられないので、それ以上の借り入れを望む方は、キャッシングそのものができないと思って下さい。闇金など審査もないところなら、借り入れが可能になることもありますが、闇金は貸金業者ではありません。

信販系クレジットカードのキャッシング枠は総量規制範囲内です。借入額が多くなれば、審査落ちもあります。

フリーローン以外のキャッシング

中小消費者金融では、まとめローンや不動産担保ローンなどを取り扱っているところもあります。特に多重債務者にはまとめローン、不動産があれば不動産担保ローンなどを勧められることがあります。

どちらも金利がフリーローンよりは低めです。金利では優遇ですが、総返済額対象外で返済金額が高額になることが多く、負担軽減のため返済期間が長くなると総返済額は大きくなります。

返済期間が長いことは、金融業者は儲けになりますが、債務者負担は結果的に大きくなることがあります。担保ローンにしても、最終的に手放すことになるのであれば、事前の売却が良かったということになります。

まとめローンにしても、結果的に大損してしまい、簡単に債務整理を選んでいればと後悔する方もいます。こうした中小消費者金融のフリーローン以外の商品については、シミュレーションや経験した方の話を聞いてから行いましょう。

そして、大切なのは、審査の甘い消費者金融に申し込みを考えるときには、必ず債務整理も同時に考えると言うことです。それだけ、個人信用情報機関の金融事故がひどい場合は、審査通過率が高いとしても、債務者としては損してしまうローンになることが多いのです。