中小消費者金融で審査甘いところ

審査通過のための審査基準

消費者金融の審査基準はブラックボックスと言った方がいましたが、完全な企業秘密です。

ただ、大手と中小キャッシングの違いは歴然としていて、中小消費者金融の方が甘く総返済額範囲内で収入があるブラックリストなら、借り入れができます。いわゆる、審査の甘い消費者金融ということです。

銀行カードローンは厳しい

銀行カードローンは総返済額対象外のキャッシングです。これは単純に限度額が高いといえるでしょう。その分消費者金融より審査は厳しいのですが、これもブラックボックスです。

銀行は消費者金融とは違い、給料の引き落としや各公共料金、クレジットカード等の利用などで付加価値があります。そうした利用者に対しては、優遇があるとかないとか?

大手消費者金融の場合は銀行傘下に入っているから、その系列の口座を持っていれば審査も甘くなるとかならないとか。口コミにも噂にも信憑性がないのですが、多重債務や債務整理をした方、延滞をしていたり収入がない方は文句なく審査落ちです。返済能力がないのにお金を借りる申し込みはしても無駄です。

信販系のキャッシングも同様です。AC社(アコムキャッシング)のクレジットカードは、審査が甘いと言われていますが、それでも返済が出来ないと判断されたのなら、持つことができません。ブラックリストも同様です。

審査に甘い消費者金融はブラックにも対応

中小消費者金融は、ブラック対応にすることで顧客を集めています。しかし、延滞なし、収入ありは絶対条件であり、フリーターや無職は対象外です。

専業主婦だけは、配偶者が安定した収入があれば審査できますが、配偶者がブラック、収入がないのなら、やはり借りることができません。専業主婦自身のブラック度合いがひどい場合も審査落ちです。

中小消費者金融でも審査に落ちることは多く、審査通過率は60%台です。担保もなしで、ブラックに融資をするのですから、審査にも時間をかけます。返済能力は、返済計画の形で証明されないとキャッシングが出来ないのが現実です。

貸金業法を守っている正規金融業者の場合、どうしても借り入れが出来ない判断した場合、その場で債務整理を勧めることもあります。ここがダメなら借りられるとこがないということですが、現実的にも中小消費者金融以外が借りられる貸金業者はないです。

闇金やソフト闇金は、貸金業ではなく、単なる金貸し屋で金利などの決まりもありません。ブラックといってもすべてを受け入れるものではないため、中小消費者金融審査落ちで路頭に迷う方も多いです。

信用情報機関に金融事故を付けないように

審査のポイントは、金融事故の有無です。これは、総返済額を守り、返済日を守るだけでOKです。いくら借りたとしてもその都度完済をすることで、その完済記録が信用につながっていきます。

一度くらいの延滞(数日)なら良いのですが、延滞が続いたり滞納などは金融事故になってしまい、その後のキャッシングができなくなってしまいます。

審査の甘い中小消費者金融でも、この延滞だけは審査通過率が低くなると言います。ですから、金融事故をおこなさない借金利用が必要なのです。