審査の甘い中小消費者金融が集まっている特集サイト

審査の甘い中小消費者金融が集まっている特集サイト

中小キャッシングの特徴は、審査が甘いこと。ブラックでもカードローンやキャッシングができる可能性があることです。

審査が甘いという定義

消費者金融で審査が甘いと位置づけるのは、「ブラックでも借りられる」ことです。

ブラックとは、信用情報で異動情報という金融事故があることです。債務整理をしていた、多重債務である、申込ブラックのようだなどの金融事故は、銀行カードローン審査や大手消費者金融の審査通過はまずできません。

しかし、中小消費者金融の場合は、そのような金融事故があったとしても、返済能力がある申込者についてはもう一度審査対象にしてくれます。これが審査の甘いカードローン会社とされています。

そして、そのほとんどが中小消費者金融や闇金です。ただ、闇金は貸金業者ではないので、ここでは除外します。

大手と大きく違う審査内容

大手消費者金融や銀行カードローン審査では、信用情報などは一切触れません。

信用情報で異動の文字があると、スピード審査で審査落ちです。しかし、中小では債務整理後3年経っているから大丈夫とか、他社借入が多いけれど借入額が小さいと成約率も高くなるなど、審査ハードルが低いです。

ですから、多重債務であったとしても借入額いかんによっては、返済能力が高い申込者に対しては、まとめローンの提案があります。これは、総量規制対象外であり、多少多額であっても有効です。

ただし、収入が高い方限定の話です。大手銀行カードローンなどでもまとめローンは存在します。こちらは低金利でかなり魅力的ですが、余裕のある方しか利用できず、ブラックは論外です。

中小消費者金融の判断

大手消費者金融では、横並びの審査内容です。ローン借入の審査もだいたい同じですが、中小消費者金融ではそれぞれなのです。

案外と知られていないことですが、信用情報機関の金融事故の取扱が担当者によって微妙に違います。情報サイトなどの記事でも絶対に審査落ちだと思っていたけれど、中堅の審査の甘い消費者金融でスンナリ通ったというのです。

申し込み情報で、ある程度高い収入であればOKだったり、担保があれば借りられるなど、中小消費者金融の審査の甘さはバリエーションが多いです。総量規制限度額であることは共通していますが、中小消費者金融でも街金と言われる小規模消費者金融の場合、地域限定で優遇借金を提供している場合もあります。

新しい中小消費者金融の形

振込キャッシングが主流の中小消費者金融ですが、コンビニ系ATMが使えるカードローンも出てきました。クレジットカードのように銀行ATMを使えたり、無利息期間を設けていたりと、中小消費者金融の動きはさまざまです。

金融事故を起こしたけれど、返済ができるのであれば。審査の机上に行くことができる。お金が欲しくてブラックでヤミ金しかないと思っている方には朗報です。

中小企業経営者や個人事業主にも

ブラックOKはヤミ金ですが、ブラック対応の中小消費者金融では審査の甘い不動産担保ローンや事業者ローンにも対応しています。

借り換えローンなどの相談も受け付けていて、条件が揃えば資金調達の手段として、無理のない借金返済ができます。個人向けローンばかりではない、今どうしても資金があれば経営が立て直せるという方にも大きなチャンスです。ブラックだから全てが終わりではなく、まだ一応策があります。

ただ、中小消費者金融にも審査落ちは存在しています。上述したまとめローンなどは金利も高めです。中小消費者金融の審査落ちはすぐに債務整理を考えましょう。キャッシング情報のバナーなどにある比較的名の知れた弁護士事務所などにご相談下さい。