キャッシング審査が通らない

キャッシング審査が通らない

お金が必要なのに、カードローンやキャッシングの審査に通らないという人、原因はどこにあるのでしょうか?

考えられるのが、個人信用情報機関に何らかの金融事故情報があるブラックの場合。長期延滞や債務整理をしてまだ一定期間経ってない場合は審査に通りません。

各金融機関は貸し倒れを防ぐために必ずどこかの信用情報機関に登録していて、情報を共有しているので、申し込み時に隠してもすぐばれてしまいます。借入先が消費者金融ならば総量規制があるので、すでに年収の3分の1の借り入れがある場合はこれ以上の貸付はされず、審査ではねられます。

他に考えられるのは、他社借り入れが多い人。多重債務件数が4~5件以上になると新規での申し込みは断られる場合が多いです。多重債務者は敬遠される可能性が高いので気を付けましょう。

短期間で数件に申し込みをした場合も、申し込みブラックといって審査が通らない原因になります。いっぱい申し込めばどこか貸してくれるだろうと、あっちこっちにあたるのはダメです。よっぽどお金に困っていると思われて敬遠されるのです。申し込み情報は信用情報機関に登録されて6ヶ月間保存されるので、その間は我慢です。

あとは申込者の年収が少ない場合や安定していない場合、勤続年数が短い、在籍確認ができないなど理由は様々です。原因を突き止めて解決できる方法があるのなら改善することが大切です。

しかしながら、ブラック情報が消えるまでまだ数年あるとか、他社借り入れが5件以上あるとか、今すぐには改善できない問題があるのに更に融資を受けたいならば、審査が甘い所を探すしかないでしょう。

銀行カードローンや大手消費者金融ではなく、中小の消費者金融会社や街金といわれる小規模金融会社です。ネットの消費者金融口コミサイトで利用者の情報を聞いてみるのもいいと思います。審査に通るかどうかは分かりませんが、適当に申し込むよりかは通る可能性が高いでしょう。

ただし、借り入れたお金は必ず返済すること。もし返済の目途が立たなくて困っているなら、借金に強い弁護士の無料相談を利用するのもアリです。プロの目線で解決法を教えてくれるので一度頼ってみてはいかがでしょうか。