審査甘い消費者金融

どこでキャッシングしたらいい?


すぐにでもお金が欲しいのでしたら、クレジットカードのキャッシングが一番手っ取り早いでしょう。

現在、日本国内では、成人1人がクレジットカードを3枚弱は持っている計算になるそうです。多くの人は2,3枚あるいは、それ以上持っているでしょうから、かなり信憑性のあるデータと言えるでしょう。

しかし、クレジットカードのキャッシングは、思いのほか金利が高いのです。数万円借りて、すぐに返済する人が多いでしょうから、それほど気にならないのかもしれません。

ですが、年利が15%が相場となると、これはかなり金利が高く、消費者金融会社のカードローンと同レベルか、大手消費者金融会社のカードローンや銀行カードローンよりは高い金利設定となっているのです。したがって、給料日までのつなぎといった感じで使ったほうがいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングを日常的に借金として使っていたら、かなり多くの利息を払っていることに気がつかなければいけません。手軽だからと、クレジットカードのキャッシングを多用することは避けたほうがいいでしょう。

また、クレジットカードをたくさん持っていると、それだけで属性が悪くなります。属性というのは信用力のことです。そういった情報も、クレジットカード会社が信用情報機関に加盟しているから得られているのです。

信用情報機関というのは、個人の信用度などの個人情報と、債務状況などを記録している機関です。銀行カードローンの申し込みを受けると、銀行は信用情報機関に申込者の照会をして信用度を審査するのです。このときの紹介情報が、銀行カードローンの審査の行方を大きく左右するのは言うまでもありません。

ここで、クレジットカードの保有枚数が多いという情報が照会することでわかると、カードの保有枚数が多い=お金にだらしないということで、銀行カードローンの審査に落ちることがあるのです。

これだけに限らず、銀行カードローンは審査が厳しいので、正規雇用で企業に勤めていて他社借入れがないか、あっても一社くらいであれば審査に通るといったレベルです。3社以上の借入れとなると多重債務者とみられることが多く、まず銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。

それでは、クレジットカードのキャッシングや銀行カードローン以外でお金を借りようと思えば、どうしたらいいのでしょうか。そうなると、消費者金融会社のカードローンあるいは通常のローンでお金を借りることになります。

銀行カードローンの審査に落ちて、クレジットカードのキャッシング機能を利用するくらいなら、全国に数多くある消費者金融会社から融資を受けるほうがいいでしょう。その場合、ローンの申込者は、消費者金融会社で審査を受けることになります。

大手消費者金融会社や中小消費者金融会社の多くは、前述した個人信用情報機関に加盟しています。ここでは、個人ごとの与信情報の共有はもちろんです。融資の申し込みをして、その融資の審査にパスしなかったという情報も共有しています。

これは俗に言われる申し込みブラックというもので、ある期間の審査NGの情報は信用情報機関に記録されます。よって、その期間は融資の申し込みをしても、審査に通ることはできないとされています。他社で審査に落ちたのにうちで通すわけにはいかないということですね。

もっとも、審査内容はどこもかわりません。言うなれば、審査のハードルが低いか高いかは、各銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者個々によって違います。

ですから、他の審査内容は関係なく申し込みをすればいいのですが、他社で審査に落ちたという情報は、どの金融機関も貸金業者も敏感に反応するのですね。いずれにしても、銀行がダメなら消費者金融会社で借りることになります。

消費者金融会社にもアコムやアイフルといった、全国的に知られた大手消費者金融会社もあれば、中小企業と同じような業容の中小消費者金融会社もあります。さらには街金と呼ばれる、小規模な消費者金融会社もあります。

大手消費者金融会社となると、全国的に知られる数社程度しかありませんが、中小消費者金融会社の数は多く、さらに街金といった消費者金融会社は星の数というのは大げさですが、かなりの数の消費者金融会社があるのです。

どこでキャッシングしたらいいのかというと、審査の甘さや借りやすさを考えると、大手消費者金融会社から中小消費者金融会社、そして街金といった順番に申し込みをするようになります。

もちろん、大手消費者金融会社のカードローンが、消費者金融会社の中でももっとも低金利となります。カードローンですから、お金の出し入れの使い勝手がいいです。

中小消費者金融会社の一部でもカードローンを用意していますから、大手の消費者金融会社のカードローンで審査に落ちたら、中小消費者金融会社のカードローン…。そこがだめだったら、中小消費者金融会社の通常のローン、そして街金といった順番になるでしょう。

どこでキャッシングしたらいい?


融資の申し込みをする際には、審査を受けなくてはいけません。これは、お金を貸す側が申込者の返済能力や信用度をチェックするものです。一般的に銀行の審査は厳しく、消費者金融会社の審査は甘いとされています。

近年は総量規制の関係もあって、大手消費者金融会社のローンの審査に落ちて銀行カードローンの審査に通ったという例もあります。これは年収の3分の1までしか消費者金融会社では借りることができないという総量規制を受けるのです。

しかしながら、銀行カードローンは総量規制対象外だからです。ですから、こういった逆転現象がたまに起きるというわけですね。つまり、どんな人でもお金を借りることができるというわけではないのです。特に無職の人でしたら、どこからもお金を借りることは難しいでしょう。

また、審査が甘いとされる消費者金融会社のローンですが、多重債務者にはお金を貸さないことが多いです。よって、できるだけ早く多重債務の状態から脱却することが大切です。

そのためには、多重債務を一本化するおまとめローンが便利です。債務を一括して返済する方法なのですが、これには気になる総量規制が適用されないので、消費者金融会社でもおまとめローンを利用することができます。

借金の返済のために、新たな借金をしようとしている人でしたら、それよりもまずはおまとめローンでお金を借りることができるかを消費者金融会社の窓口で相談するといいでしょう。うまくいけば金利の関係でおまとめローンにしたほうが、返済が楽になる場合もあります。

消費者金融会社のおまとめローンは、借換ローンとも言われています。住宅ローンなどでしたら、借換でローン返済が楽になることが多いです。

消費者金融会社などの多重債務のおまとめローンや借換ローンとなると、返済が楽になるケースもあるのですが、それよりも債務を一本化する方のメリットが大きいです。

銀行がもっとも嫌がるのが多重債務者なのですが、それが一本化されると多重債務認定から外れるのです。これは、万一のときは銀行からもお金を借りるチャンスができるということを物語っているというわけですね。

中小消費者金融会社から借りる


中小消費者金融会社には、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社に比肩するくらいの業容を誇る消費者金融会社もあります。

大手消費者金融会社で借りることができなかったら、是非ともこういった準大手とも言える中小消費者金融会社に融資の申し込みをするようにしたいものです。大手よりも審査が甘い場合が多く、お金が必要な人の助けとなるでしょう。

もっとも、属性によってはここでも審査に落ちる場合があります。中小キャッシングも人によっては、ハードルが高い場合があるのです。そういった場合はどうしたらいいでしょうか。

一般的には、審査にも二つの方法があります。一つは信用情報機関に加盟して、申込者の信用情報や与信情報を照会することです。これは、銀行や大手消費者金融会社、クレジットカード会社のほぼすべてが加盟しています。また、中小消費者金融会社も一部は加盟しているようです。

ということは、それ以外中小消費者金融会社の残りと、街金などは信用情報機関に加盟していないということになります。そういった貸金業者は、どのように審査しているのかというと独自審査ということになります。信用情報機関で信用情報が照会できないのですから、自社審査をするしかないということですね。

ですから、通常でしたらブラック状態にある人は、債務整理中であったり自己破産をした人となるのですが、そういった情報も信用情報機関に加盟していない一部の中小消費者金融会社や街金などは、照会できません。

要するに、申込者の現在の属性のみで審査するしかありません。そうなると、電話での在籍確認と収入証明書で審査をするということになります。

一般的に審査が甘くなりますが、その分金利が高くなります。これは貸金業者としても信用リスクをみているので、この点はしょうがないでしょう。お金が欲しい人は背に腹は変えられないですから、金利が高くても中小消費者金融会社や街金のローンに頼るということになるのです。

審査の甘い消費者金融


審査の甘い消費者金融会社は、どういったところで調べたらいいのでしょうか。片っ端から申し込みを行うのも、中小消費者金融会社や街金となるとかなりの数になります。

属性の問題もあるので、できるだけ独自審査をしてくれる貸金業者がいいでしょう。そういった場合も、信用情報機関に加盟しているのかどうかというのを、問い合わせしても教えてくれるところは少ないでしょう。

ネットの口コミなどでは、申し込みをしてどこの貸金業者から借りることができたという投稿が数多くされています。その中で、自分の属性に近い人の口コミなどから貸金業者の情報を得るのです。

街金は業容が小さいので、店頭に行って申し込むのが一般的ですが、中小消費者金融会社ではWEBでの受付によって全国から申し込むことができます。スピード融資というわけにはいきませんが、そういった方法で借りやすい審査の甘い貸金業者を探すようにしましょう。

気をつけなくてはいけないのは、ヤミ金などの違法業者につかまってしまうことです。というよりも、お金がどうしても欲しくて、自分のほうから闇金を利用する場合もあるでしょう。目先では何とかなっても後が大変ですから、闇金からは絶対に借りないように気をつけましょう。

どうしてもお金を借りたい


どこの貸金業者からも、お金を借りることができないという場合もあるでしょう。その場合は、街金を片っ端から当る方法しかありません。

恐らく街金でしたら、お金を貸してくれるところがあると思います。しかし、借りることができても、10万円程度が相場となるでしょう。多くは借りることができないと思います。

一般的には、独自審査をしている貸金業者でしたら現在の属性だけで融資をしてくれるので、普通に働いて収入を得ているのでしたら融資を受けることは難しくないと言えます。まずは、そういった融資をしてくれる消費者金融会社を探すことが先決ということですね。

最近では、個人間融資というのもネットでよく聞きます。しかし、当初のような純粋に個人間でお金の貸し借りをする形態から、業者が介在する形態になってきたようです。

個人間融資よりも、業者のほうが借りる側としては安心かもしれませんが、お得という面で個人間融資を利用している人もいるので、このあたりも考えものです。

もっとも、介在している業者の中には、闇金が暗躍している場合もあるので注意が必要です。できることなら、街金などの消費者金融会社から借りたいですね。