信じられないミスから審査落ち

信じられないミスから審査落ち

消費者金融からお金を借りることができない方の中には、本人の勘違いがあることも少なくありません。申込の段階から、勘違いは考えられます。

申込はインターネットや電話などの方法がありますが、その時に入力したり伝えなければならない情報があります。それを言い間違えたり、入力ミスをするだけで審査に落ちてしまうことがあります。

そして、A消費者金融とB消費者金融に同時に申込をしたり、というのも全てブラックの原因になってしまうのです。簡易審査は面白いからと言うのは厳禁、できれば1日一回だけの操作がお勧めです。

消費者金融では、総量規制の関係で年収の3分の一しか借りることができません。多重債務の場合は合算です。中には、多重債務でもそれぞれの金融会社から借りられると思っている方もいて、いつも借りられないんだよねと不満を漏らす方もいます。全て合わせての総量規制ですから、気をつけましょう。

この勘違いで、もっとお金が必要でカードローンなどに申込をして審査に落ちる方もいます。この申込ばかりを繰り返していると、その方は申込ブラックと言って、個人信用情報機関で要注意人物になってしまい、審査が通りづらくなってしまうのです。

このことは本当に損なことで、本来はブラックでもなんでもないのに、自ら犯す浅はかな行動でブラックになってしまっているのです。信用情報に傷を付けている自殺的な行為です。申込ブラックなどは、数ヶ月の間は審査落ちが続いてしまいます。その間完璧な返済をしていたとしても、借りられない状態は続いてしまうのです。

ただし、これも数ヶ月の辛抱です。ブラックと言っても、滞納をしたり債務整理などで返済が遅れたわけではなく、なんでこんなに申込をするおかしな行動と思われるからです。自分のおかれている状態が分かった上で順調に返済ができれば、また普通に審査が通るようになります。それでも、何ヶ月の辛抱ですが。

勘違いをしてしまうことがないように、新規での消費者金融の申込に関しては事前に情報を集めることが必要です。また、多重債務になる場合は、その借入件数などの確認や今後の返済の見通しを付けてからの申込がお勧めです。そして、実際の審査では、すぐに回答することができると、計画的な借入ということで好意的に思われるでしょう。