審査が通らない時どうしたら融資が受けられる?

どうしたら融資が受けられるのか?

審査はどんな金融機関でも融資対象者に行うものです。銀行カードローン、消費者金融は当然ですが、政府系金融機関でも存在します。

カードローン会社も銀行も、個人のフリーローンだけではなくビジネスローンなどがあり、新事業の場合は経営革新計画、返済プランなどがなければ融資は受けられません。個人の返済プランこそ、金融業者が行う審査で年収と借入金額等から返済能力を推し量るものです。

投資と借金

投資といってもさまざまなものがあります。不動産投資、株投資やFXなどで、カードローン使用をしてしまう場合が多いようです。

また、投資ではないのですが、賃貸経営の方にとっては、空室ができると融資が必要になったり、事業に関連する借金をしなくてはならないことも出てきます。株などは事業ではないのですが、本業としている方にとっては死活問題です。

最近では、投資で失敗して破産してしまう方もいるようです。ビジネスローンに関しては、事業計画などが必要になるものですが、株や他の資金ではその必要がないことが多いです。事業ではないとされますが、融資担当者に株のための借金と言うと貸してもらえないでしょう。

とにかく融資して欲しい

そんな審査ですが、銀行系と消費者金融系では銀行が厳しいです。経営者にとっても個人も1%でも小さな借金がよく、銀行カードローンの方が魅力です。ただしその分、審査基準が上がってしまうのは仕方のないことです。上限金利でも2%前後は消費者金融が高くなってしまいます。

ということで、消費者金融キャッシング。さんざんキャッシング経験をしている方にとっては、今の自分が審査に通るかどうかの予想はあるでしょう。そして、金融業者で嫌うものは金融事故の数々です。

なんとか資金調達したい

消費者金融の審査のときに、個人信用情報機関での金融事故である異動情報を見つけると即審査落ちです。ブラック情報とも言われるのですが、事故がある方との取引きはしないのは、返済リスクが高いからです。

多重債務、延滞、債務整理後などの事故原因がある場合は、申し込みそのものをしないのがコツです。無駄な行為ということです。

法人でお金借りたい

どうしても融資を受けたいときには、個人信用情報の回復を待つしかないといわれています。債務整理も7年くらい経過することで、ブラックからホワイトに変わります。その期間内はどう頑張っても審査通過はしないのです。

借入件数を減らす、金額も少なくしていくなどの工夫をして下さいということですが、そのための借金だからというのが今度の融資申し込みと言う方がほとんどです。

これは個人だけではなく法人も同じことです。経営努力をしなければならないことですが、審査は数字が物を言います。法人も個人も返済のための融資がほしい場合は、足元をみられてなかなか審査通過は難しいのです。立場が変わっても同じことです。

おまとめローンで一本化したい

今度の融資でまとめて一本化して毎月の返済を少なくしたい。そんな淡い夢を持つブラックの方も多いかと思います。

もし、総量規制限度内であれば、審査が甘い中小消費者金融などでの融資は期待ができます。ただし、ヤミ金、個人間融資掲示板など、怪しい所で借りたりすると、返済どころか借金を増加させてしまうことになります。そういう場所での借金は絶対にしないことをおすすめします。