総量規制関係で審査落ち

総量規制関係で審査落ち

消費者金融のお金が借りられない理由で、総量規制関係は大きいです。昔からある法律ではなく比較的新しい制度ですが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠、信販会社では年収の3分の1までがその方の融資最高限度額と決められています。

例えば、年収300万円の方は100万円までしか借入が出来ません、これは、1社だけではなく全ての合計です。ある消費者金融に申込をした時にすでに多重債務である場合、その時点で借りられるのは総量規制で空いている部分だけになります。

年収300万円、借入額20万円があるときには、80万円しか借入が出来ない計算になります。しかし、現実には、100万円の余裕がある方が80万円の借入をした場合に、残りの20万円の借入をしたい時に審査に落ちてしまうことがあります。これはなぜでしょう?総量規制の範囲内だと言うのに、おかしい現象といえます。

それには、今までのお金の借り方が大きく関係します。確かに、その方にはあと20万円は借りられる余裕があります。しかし、借入件数が3件以上あったり、金利の高い借入で返済額が大きくなっている。収入に対する毎月の返済額があまりに大きい場合は、審査に通らないのです。

消費者金融としては、ここで貸したとしても返済ができないのではないか?と疑ってしまうのです。そんなことはないよと言ったとしても、現実にこうした総量規制範囲内だと言うのに審査に通らないことがあるのです。

総量規制範囲は一応の取り決めですが、収入と返済のバランスを考えて審査をすることがあります。しかし、これが一社だけで返済額が小さい場合などは、多重債務ありきの借入が出来ます。

消費者金融では、優良な貸付者(返済が計画的)の方に増資の伺いをたてることがあります。勝手に限度額を上げることが出来ますということです。この場合、その一社のみの対応で、総量規制が変わったわけではありません。また、多重債務者にはない配慮です。

そして、返済がうまくいかないと元に戻される、減額することもあります。これは増資をすることで、うちだけで借りてくださいという事になりますが、それも延滞なし滞納なしの方で、過去も全く金融事故などを起こしていない方限定のことです。