総量規制と総量規制対象外の違い

総量規制と総量規制対象外の違い

総量規制と言う言葉をご存知でしょうか?これは銀行カードローン意外の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠の限度額です。

年収3分の一が総量規制と言われていて、多重債務になったとしてもこの限度額を超えるキャッシングができないのです。ですから、消費者金融の申し込みのときに、年収3分の一を超えている場合は、審査落ちになります。

中小消費者金融や街金でも総量規制は決まっている

甘い審査、独自審査の中小消費者金融などでも、この総量規制の範囲内になります。債務整理者であったとしても、総量規制であれば借りられるのであり、総量規制オーバーの借り方はできないです。

例えば、300万円の年収の方の総量規制は100万円です。大手消費者金融などでは、100万円前でも3社の多重債務の申し込みでは審査落ちになります。しかし、中小消費者金融や街金では、4社程度まで「総量規制範囲内」であれば、借入ができます。この点が、大手消費者金融とは違う審査の甘さということになります。

ところで、消費者金融で見つけた総量規制対象外の文字

不動産担保ローンやまとめローンなどは、総量規制対象外として年収3分の一以上の借入ができます。これは、債務者にとって得になる場合の例外的な措置です。

まとめローンに関しては、大手消費者金融でも銀行カードローンでもありますが、審査が厳しいです。フリーローン以上の高い返済能力があることが条件です。審査の甘い中小消費者金融でも、返済ができるだけではなく、信用情報の確認でブラックの場合、まとめローン、総量規制対象外の借入ができないことが多いです。

債務者に得があると言うのは、借入総額が多いということは、それだけ返済リスクが高くなることを言います。ということは、返済能力が高くなければならないのです。総量規制対象外の不動産担保ローンも同様ですが、こちらは担保がある分審査が多少甘くなります。

借入金額は担保物件の評価額に反映されますが、金融業者としては自社の損のない程度の借入額の提示になります。金利もキャッシングよりも低く、返済期間が長いのが特徴です。

多額に借りられることから、まとめローンのかわりに総量規制対象外の不動産担保ローンを利用する方も多いです。不動産があれば、金利の低いローンとして使い勝手は良いでしょう。これも債務者にとって得のあるローンであり返済負担が低いので、フリーローンよりは審査も通りやすいです。

ただし、返済能力がなくてはならないことで、専業主婦などは借りれないことが多いです。総量規制そのものがないからです。不動産担保ローンの審査では、金融事故で任意整理などの記録かあっても審査通過はできる金融業者はありますが、銀行の審査は厳しいです。