最初から消費者金融でNGとする方

最初から消費者金融でNGとする方

消費者金融などに中々通らない人の中には、根本的に対象者になっていない方もいます。仕事をしていない無職の人、専業主婦などはもちろんですが、パートなどをしていても年収で数十万円しかない方も無収入に入ってしまう場合があります。

もし、現在も過去のも借入経験がないのなら、銀行カードローンに申込をすることをオススメします。限度額は少ないですが、ここではキレイな個人信用情報(初めてや金融事故がない方)なら、審査は通ります。

さらには、消費者金融の中で配偶者貸付けに対応しているところもあります。専業主婦の配偶者の年収で総量規制を割り出すのですが、この時にはいくつか注意があります。

配偶者の年収が安定しているか?

例えば、配偶者の収入が少ないのも問題です。安定した収入がなければ審査は通りません。

配偶者の借入状況

配偶者の年収を専業主婦がそのまま100%使えるわけではありません。配偶者とともに使用すると考えてください。よって、既に配偶者が借金をしている状況ですと、その空いた限度額でなければ借入ができません。

そして、年収300万円の配偶者の総量規制は100万円。現在、配偶者が70万円程度借入をしている場合、残りは30万円です。今回、専業主婦の使えるのは30万円だけという判断になります。

配偶者がブラックリスト

これは有無も言わず、全滅。配偶者もその専業主婦の配偶者貸付けもNGです。

配偶者貸付けのキャッシング審査は、配偶者の審査と言っても良いでしょう。理想なのは、何も借りていない状態なのです。専業主婦自身の保証ではないのですから、必ず配偶者の同意が必要になります。内緒でキャッシングはできない、ということです。

働いていない専業主婦の借り入れは少し面倒なことになるのですが、一度審査が通れば良く、あとは配偶者と借入状況はバランスをとって行うことが必要になります。

妻でもない無職に関しては、消費者金融の利用はできないと思ってください。配偶者もいないので、いたとしたら親や兄弟、時には子どもということになります。しかし、どう考えても婚姻関係以外の共同キャッシングと言うのはない話であり、最初から消費者金融の申込対象者には該当しないです。

高齢者に関しては、65歳から70歳程度の幅があります。金融機関側によって規定はあります。年間受給者が多いですが、年金は収入とみなさないところが多く、高齢者でも自身で収入があることが大原則になる場合が多いです。