消費者金融 借りれない

消費者金融 借りれない 審査


消費者金融の審査に通らないケースで考えられる理由は、どのようなものがあるでしょうか?

一つは、ブラックリストに入っている場合が考えられます。信用情報機関である全国銀行個人信用情報センターや日本信用情報機構などに事故情報(異動情報)が記録されていると、いわゆるブラックになります。

事故情報が記録される理由としては、借金返済の延滞や自己破産、債務整理などがあります。最近では携帯電話料金の支払いが遅れたりすると金融事故者扱いとなり、事故情報が記録されるケースも増えています。

もう一つは、多重債務などで総量規制にかかっている場合が考えられます。消費者金融では貸金業法が適用されているので、年収の3分の1を超える貸付けをしてはいけないという規制を守らなければいけません。

ですので、あなたが現在キャッシングなどで借金している借入総額が年収の3分の1程度になっているのであれば、どんな消費者金融に申し込んでも借りる事ができません。もし、それで貸してくれる業者が見つかったとしたら、非正規の貸金業者となるヤミ金の可能性が高いと言う事になります。

したがって、審査に落ちる理由としては上記の2つが殆どとなります。

総量規制でダメな場合はまとめローンなどを利用する事により、借金を一本化してしまえば毎月の返済が楽になりますので、お金に余裕が生まれます。また、まとめローンは多重債務者を救済するローンですので、総量規制対象外となっています。

一方ブラックで借りる事が出来ないと言う事であれば、ブラック対応の中小消費者金融を利用すれば審査に通る可能性が高いです。ローン会社の公式サイトなどには、ブラックOKというような事を書いていなくても、実は中小業者の多くはブラック対応をしています。そして、本当にブラック対応しているかどうかを判断する一つとして、申し込みフォームなどを見てみるという方法もあります。

ブラック対応している業者の多くは、申し込みフォームで過去に借金が遅れたなどのトラブルになった事があるか?というような質問の項目などがあったりしますので、そういう点でも判断材料になります。

消費者金融 借りれない カードローン


カードローンをするなら銀行カードローンがお勧めですが、審査に通りにくいような低所得者や専業主婦、ブラックリスト入りしている人などは銀行カードローンの審査をパスするのは難しいです。必然的に消費者金融でカードローン審査の申し込みをするしか方法がありません。

また、消費者金融でカードローンの申し込みをする際も、所得が低い人や専業主婦であれば、大手消費者金融でも大丈夫な場合が多いのですが、ブラックの場合は大手消費者金融でも厳しいです。

因みに、過去に借金返済の延滞や自己破産などをした経験がないにも関わらず、知らずにブラックになっている人が最近増えています。というのも、最近では携帯電話料金の支払いが遅れただけでも、延滞扱いで信用情報機関に事故情報として登録されブラック扱いになってしまうからです。そういった人も大手消費者金融などでのキャッシングは厳しくなってきます。

では、そういう人達がお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか?答えは簡単で、ブラックでも融資してくれる中小消費者金融を利用するという方法です。

中小消費者金融は審査が甘くなっており、大手よりも断然借りやすいのが魅力です。反面、知名度が低いので、どこで新規登録したらいいのか分かりにくかったり、ATMなどに対応しておらずキャッシングする際は振り込んでもらう方法しかなかったりと不便な一面もあります。

ですが、キャッシング審査に通りやすいというメリットは大きく、ブラックで借りる事のできない人にとっては多少の不便や金利が高かったとしても気にならないでしょう。

今まで中小消費者金融で審査の申し込みをした事が無い人は、どこの業者がいいのかという判断は難しいと思いますが、最近では口コミサイトや中小消費者金融の人気ランキングなどのサイトもありますので、そういうサイトを参考に探してみるのもいいかもしれません。めぼしい業者を幾つか見つけて、金利や返済条件などの細かい貸付け条件を比較して申し込んでみるといいでしょう。

消費者金融 借りれない まとめローン


今までカードローンなどでキャッシングしたりして、一度も返済も遅れたりせずにしっかり返済していたにも関わらず、消費者金融などで申し込みをしても審査に通らないという人がいます。

ブラックでもないのに消費者金融のキャッシング審査に通らない理由としては、総量規制で借りる事ができないという可能性が非常に高いです。総量規制とは、金融庁の貸金業法で定められている規制のひとつで、借入総額が年収の3分の1以上になってはいけないと言う事を定めています。例えば、年収300万円の人であれば総額で100万円までは借金する事ができるという事になります。

有名大卒とか、専門学校卒とか就職率が良い学校卒だとかそういった学歴や大企業、外資系企業などのそういった学歴や就業先の規模などは全く関係なく、全ての人にこの総量規制は適用されます。ですので、もし今年収の3分の1程度の借金があるのであれば、とにかく借金を返済して残高を減らすか、Wワークなどをして年収を増やすかというどちらかしかありません。

ですが、今現在お金に困っていてそんな時間はないという人もいるでしょう。そういう人はまとめローンを利用するのがお勧めです。まとめローンは総量規制対象外ですので、現在借金が年収の3分の1くらいあったとしても、消費者金融で審査に通る可能性があります。

まとめローンは、現在複数社から借入している借金を一本化して返済を楽にするというローンです。毎月数社に何万円も返済しているのであれば、1社にまとめてしまう方が遥かに返済が楽になります。

また、もしもこのまとめローンの審査にすら通らないのであれば、一度弁護士に多重債務の相談をする方が良いかもしれません。相談だけであれば無料でできますので、弁護士の回答を待ってからどうするかを判断しても遅くはありません。弁護士に相談というと一般人には敷居が高いですが、何もせずにただ借金を重ねるくらいなら一度相談してみましょう。

消費者金融 借りれない 自己破産


多重債務に陥った人が最終的に講じる手段として自己破産がありますが、自己破産をするとどうなるかご存知ですか?

借金でどうしようもなくなった場合、弁護士などの専門家に相談し裁判所に破産申立書を行い免責許可をもらう事ができれば、借金をチャラにできるのが自己破産ですが、借金チャラにできるなら自己破産したい!と考えている人もいるかもしれませんね。

しかし、そう簡単には免責許可が出る事はなく、仮に免責許可をもらえたとしても5~10年程度は信用情報機関の事故情報が残ります。つまり、その期間ブラックリスト入り確定というわけです。それ以外にも、就業などでも制限があったりと決していい事ばかりではありませんが、人生を立て直すよいキッカケになるのは確かです。

さて、ではその間自己破産などの債務整理をした人はどこからもお金を借りる事はできないのでしょうか?結論から言うと、銀行関係の金融機関のカードローン審査にはまず通りません。大手消費者金融も正直厳しいでしょう。

ただし、中小の消費者金融は違います。特に今現在借金の延滞が発生していてブラックになっている人よりも、自己破産手続きが終わってブラックになっている人ではどちらが信用できるかというと、自己破産してしまっている人です。

もちろん、審査基準というのはローン会社によっても様々ですので、自己破産ならキャッシングできるという保証はありません。ただ、申し込んでみる価値は十分あります。現在仕事をしていて収入があり返済能力があると判断してもらえるのであれば、限度額などの問題を考えなければ普通に審査に通る可能性が高いのです。

ですので、大手消費者金融などでキャッシング審査を申し込んで落ちたとしても、全く気にする必要はないというわけですね。もし、まだ中小消費者金融で申し込みをした事がないのであれば、まずは少し探してみてその中でよさそうな業者に新規登録してみましょう。意外と自分が思っているよりもよい結果になるかもしれませんよ。

消費者金融 借りれない ブラック


過去に自己破産や債務整理、借金返済の延滞などの経験があると、信用情報機関に事故情報が記録されブラックになります。

銀行や消費者金融の審査基準は各社様々で独自審査をしていますが、この事故情報は必ず確認をします。ですので、どこでキャッシングの申し込みをしてもこの記録が消えない限りはブラック扱いとなり、審査通過がかなり困難となります。

審査通過が困難という表現をしたのは、絶対に無理というわけではないと言う事です。基本的に、銀行や大手消費者金融では事故情報が消えない限り無理と断言して間違いありませんが、事故情報が残っていても貸してくれる消費者金融をご存知でしょうか?それは中小消費者金融の一部の業者で、ブラック対応をしている数十社になります。

ブラックでも貸してくれるのかというと答えは「貸してくれる可能性は高い」という事になります。ですが、他社よりも可能性が高いというだけで、100%貸してくれるというわけではありません。もし100%誰にでも貸す業者があったとすれば、それはヤミ金です。いくらお金に困ってもヤミ金だけには手を出してはいけません。

さて、ヤミ金ではないローン会社でブラック対応しているところですが、基本的に収入がしっかりあって返済能力があると判断されれば、貸してくれる可能性は非常に高いです。

というのも、大手消費者金融などと同じような審査基準で商売をしていては、中小の消費者金融は商売になりませんのでかなり甘い審査基準になりますし、銀行や大手消費者金融が相手にしないブラックの人達も相手にしていかなければいけません。ですが、ブラックの中でも返済をしっかりしてくれそうな人を判断して融資していくというわけです。

また、ブラックで審査に通ったとしても、限度額は最初は低めに設定されています。なぜかと言えば、やはりブラックの人にいきなり大金を貸して返済してもらえなかったらかなりの損失になるからです。したがって、取引を続けて信頼関係を築いて限度額を上げていきましょう。