些細な多重債務でも審査落ち、どうしたら良い?

些細な多重債務でも審査落ち、どうしたら良い?

カードローンの返済を延滞すると、それだけでブラックリストになります。これは良く言われることですが、一応1回程度は許される範囲内です。しかし、決定的なのは3回目です。2回目までは金融機関側の対応が違います。

ただし、延滞そのものの行為を数回行うとそれだけでブラックリストは決定です。現在、1つの借り入れがあったとします。返済が少し苦しくなってくると、次の申込を考えることもあるでしょう。それが、1回程度ならまだある話で終わります。

多重債務の時期が1ヶ月間だけで完結。しかし、これも個人信用情報では多重債務の記録が残りますが、すぐに完済してしまえば別段問題はないことです。それもたまに、苦しくて1ヶ月か2ヶ月の多重債務、すぐに完済。これも大丈夫かと思われますが、あまり良い傾向ではないと言われています。

多重債務の考え方として、借入件数は少ないほど良い、金額よりもその件数に問題があると言われています。多重債務をすること=返済に不安がある、自転車操業的な借り方をしていることを意味します。そのことが露骨にわかると、審査に落ちることがあります。

ですから、1ヶ月程度の返済のための多重債務を期間を空けたとしても繰り返していると、返済できている?この人大丈夫?ということになります。完済しているのだから良いじゃないかと思うことですが、大手消費者金融などでは結構厳しい見方をするでしょう。

大したことではないと思っても、多重債務を繰り返すことでカードローンの審査にいつも落ちてしまう方も多いのです。このような方が再び審査を通るようにするには、時間を置くことです。それも数ヶ月ではなく、5年程度大手消費者金融に一切申し込まないことが理想です。その間は、審査落ちになってしまうのですから。

5年間の審査落ち?それってブラックリストのこと?言うなれば、そういうことです。不自然な多重債務が原因となり返済に不安が残る申込者で、この人は常にお金がない状態という分析です。

金融機関側のリスク回避のための審査落ちということですが、審査の甘い消費者金融ではそんな事はありません。完済しているから問題ナシ、当社は即日融資もしています、大歓迎ですとなります。これが正しい選択なのかはわかりませんが、キャッシングが可能です。この審査の甘い消費者金融のお誘いが、バリバリの多重債務の始まりのと言えると思うのですが。