多重債務者キャッシングは審査落ちの要件が大きい

多重債務者キャッシングは審査落ちの要件が大きい

既に多重債務者は要注意です。今度のキャッシングでは、審査落ちしてしまうかもしれません。

初めてのキャッシングではないこと

今消費者金融でキャッシングしていて、次に借りたいときに大手消費者金融を選択する場合が多いでしょう。

申し込み情報としては、20歳以上で収入がある。問題はないでしょう。しかし、信用情報では既に借入件数1件になっています。その時の借入金額はどうなっていますか?

総量規制範囲内ですか?

年収3分の一が総量規制の消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠をあわせた額の限度額です。年収に合わせて、限度額が決まります。

今、その総量規制範囲内のキャッシングをしている場合は、もう借入ができないです。総量規制以上のキャッシングはできない事になっています。

これは、大手消費者金融だけではなく中小消費者金融も同じです。クレジットカードのキャッシング枠も決められた限度額です。

延滞はしていない

返済日当日の入金は、場合によっては返済していないこともあります。引き落としなら確かですが、入金では事故情報になってしまうことがあります。1日程度では個人信用情報機関の報告ではなく、借り入れのときに総量規制以上の借り入れになってしまうことです。

この場合は、返済確認後に普通にキャッシングができます。数日後のキャッシング申し込みをしてください。そうではなく、既に延滞をしていて新規でキャッシングは審査落ちです。中小消費者金融でも対応できないことです。

中小消費者金融のキャッシングの注意点

中小消費者金融の申し込みでは、大手では借りられない方でも審査に通ることがあります。

しかし、返済が出来ると判断されたわけですが、実際には返済が苦しい場合もあります。そうなると、借りるのではなかったと、後悔してしまう場合があります。

ですから、大手消費者金融で多額の多重債務などで、まとめローンもできないのなら、そのまま債務整理をすることです。

債務整理の罠

全国対応の弁護士事務所や法律事務所では、遠くの住所の場合は法テラスに丸投げをするのです。ホームページで良いことが書いてあったとしても、近隣以外の債務整理の相談には一切乗らないです。あくまでも、地元の弁護士などに相談をしてください。

法テラスが一番身近で、電話等での対応もしてくれます。面談して、話しを聞いてくれるのは、本当に地元密着の弁護士だということがわかります。全国対応の中小消費者金融では本当ですが、債務整理したいときには、地元で有力な方に依頼するようにしましょう。全国対応は、不確かです。