債務整理者の借入について 中小消費者金融の対応

債務整理者の借入について 中小消費者金融の対応

中小消費者金融の審査では、債務整理者には比較的有利な内容になっています。

大手消費者金融で借りれない、銀行カードローンでも審査落ち。債務整理では最低5年間程度はブラックリストです。いつ解禁になるかもわからないのですが、そんなときには、中小消費者金融や零細消費者金融などの甘い審査を受けてみてください。

任意整理は案外と楽

任意整理は債務整理の中でも金利カットになります。元金だけの返済をする方法であり、債務整理の中では一番債権者が損が少ないです。

例えば、10万円借りて金利が2万円残っています。本来は12万円の返済ですが、10万円だけにしてもらうという形です。それを返済しやすく毎月の負担を小さくしてもらう交渉です。

金融業者では、元金が入ることで交渉に対応することが多い債務整理です。一応債務整理者になり新規キャッシングはできないのですが、一部の中小消費者金融では総量規制に余裕ができた時点で借りれることがあります。

もちろん、しっかりと金利付きのキャッシングですが、ブラックリストでも任意整理と個人再生の返済中は、審査通過者が存在しています。

自己破産は無理でしょう

直近では難しいのですが、自己破産から1ヶ月程度たったときに、中小消費者金融からのダイレクトメールが届いたとの口コミがあります。

官報に住所と名前が掲載されることで、近所の中小消費者金融からの勧誘です。これはどういうことかというと、中小消費者金融では自己破産をしていることを承知での勧誘。ということは、申込をしても借りれる可能性があるということです。

闇金からはFAXなどもきますが、ダイレクトメールの中小消費者金融では、口コミでも正規の借りれる金融業者として名が知られているところでした。ですから、債務整理者では案外と借りれる中小消費者金融が多く存在していることが判明しています。

ホームページにもある

特に自己破産者では、審査が分かれます。

どうしても自己破産がネックとして、なかなか借入ができないところもあります。また、1年程度時間が絶っていると、債務がないことで簡単に借りれるところも少なくないです。自己破産1年間のブラックリストで、キャッシングができる。

貸してくれないと悩む債務整理者

債務整理者の中小消費者金融や零細消費者金融で借りれる条件は、収入が安定していることです。返済能力が高ければ、担当者が納得した借入ができます。これは本当に成功している方が多く、債務整理でどうしてもお金が入用の方は挑戦してみてください。

弁護士に依頼して債務整理をした方は、しばらく借入はしないでくださいと言われます。弁護士回答では、ブラックリスト中の債務整理が困難だからということです。中小消費者金融に行くときには、完済できることを条件に少しずつ借りることが良いかもしれません。