多重債務者の借入について

多重債務者の借入について

消費者金融では審査に通らないと借りれないです。審査内容では公表はないですが、融資を受けられないことで文句の言いようはないです。なぜ貸せないかは絶対に言わないでしょう。

また、申込者が審査落ちになった事実も一切公表されないことです。しかし、この後違う消費者金融に行ったときに同様に審査落ちしてしまうことがあります。

大手消費者金融の審査基準

公表はないですが、審査基準はほぼ同じです。ですから、大手消費者金融審査落ちで別の大手消費者金融で申込をしても続けて、審査落ちになってしまうことが多いです。

金融業者としてのつながりはないですが、それぞれの金融業者が個人信用情報機関で情報を共有していることで、直近の申込者の情報は把握しています。これは、大手消費者金融だけではなく、中小消費者金融も同様です。

中小消費者金融の審査基準

大手消費者金融と大きく違う中小消費者金融の審査基準では、金融業者によって対応が違います。審査内容ではA社で借りないけれど、B社では借りれるといった口コミはとても多いです。

一概に甘い審査とされる中小消費者金融ですが、担当者の対応は様々です。大手消費者金融ほど画一化していないこと、続けて申込をしても申し込みブラックなどがないことで言えば、借りられないときには数社の中小消費者金融の申込はおすすめです。

零細消費者金融の存在

中小消費者金融よりも規模が小さいと言う意味ですが、あまり見かけない金融業者です。金融庁の登録番号があれば、正規の消費者金融になりますが、客がほしいあまりにも極甘審査になっていることが指摘されています。

極甘審査としての評価がある場合は注目です。はっきり闇金との境界線が曖昧な存在も否定できないのですが、貸金業法スレスレの審査が期待できます。

借りられない状態の方の債務は?

融資できないと審査落ちの方で、多重債務者の場合は今借りたお金を返せないでは話しにならないです。そして、他社の返済も同時にできることが、中小消費者金融などでの徹底した決まりになっています。というのも、中小消費者金融では甘い審査ですが、取り立てなどは厳しいことで知られています。

極甘審査の零細消費者金融などでも、返せないでは取り立て部分で完全に闇金化してしまうことは多いです。大手消費者金融での審査落ちになったとき、多重債務者の場合は今借りた場合の完済方法が見つからないときには、それ以上のキャッシングは絶対におすすめできないです。

多重債務者では、債務整理を検討されて、少し返済がスッキリさせてからです。そして、次の中小消費者金融や零細消費者金融の申込が妥当です。