運転資金が借りられない

銀行融資は茨の道? 

銀行融資では、事業者としては大変なことです。懇意にしている金融機関以外からの借り入れでは、なかなかできないことでしょう。

銀行などの金融機関では、新規で飛び込みの融資というのはまずしないことです。銀行で借り入れというのは、まずは事業者としての取引が先になります。

銀行融資について

銀行融資は事業資金としては一般的な方法です。

銀行では、実際は貸付で返済の時に金利で運用ができることは理想です。ただし、不良債権を持つような融資は絶対にしないです。それが懇意関係の事業者だとしても、審査ではシビアです。

成長が見込まれる事業であり、確実に完済ができることが不可欠になります。事業計画も含めてのことですが、決算書の内容では、無茶借り入れ希望では話しにならないとされています。

銀行の飛び入りは厳禁

当然のことですが、銀行融資を初めて受けたい時は、実力のある事業者や税理士事務所などの紹介をしてもらうことです。紹介者が存在することでは、警戒がある程度解かれることになります。

運転資金を借りたいという時に、優良事業者であれば銀行としては客としては大歓迎になります。保証人ではありませんが、紹介者が存在している場合は、しっかりと話しをつけてもらうことです。

どっちみち困難

銀行融資では、なかなか運転資金がないと言ってもすぐに借りれることは少ないと言います。

利益がでなければならない。それは返済見込みがある融資しかしない。過去の決算の推移だったり、資金の使いみち、計画などが立てられることが不可欠です。

もう本当にやばいという状態ではなく、銀行融資では早くから計画することも必要です。突然の資金調達というのは焦るものであり、お住いの地域の銀行では地銀や信用金庫などでの付き合い、取引が不可欠です。

口座がある銀行で

もちろん、銀行口座があるところでなければ申し込みはできないでしょう。

地銀や信用金庫というのは、中小企業や個人事業主などでは、営業マンとの仲も良くしておくことが良いでしょう。税理士などがいれば、お金のことを考えた人間関係の構築というのも提案します。できれば、広く浅くでも人間関係をうまくしていくことでの銀行融資につながる対応が期待できます。

銀行としても、審査次第ですが、返せる中小企業も個人事業主も1つでも多く取引できることは良いはずですが。どう評価されるかどうかについては、審査基準としてボーダーラインは高いといえるでしょう。なかなか借りれないものであり、銀行融資審査落ちだとしても、難しいのは確かです。

日本政策金融公庫に行ってみた?

中小企業や個人事業主などではいきなりの銀行融資ではなく、日本政策金融公庫がオススメです。事業者なら、それはどこ?ということはないでしょう。

融資審査は銀行より甘い?

銀行と言えば、日本政策金融公庫の銀行です。ただし民間ではなく、政府系の銀行になります。融資対象者は、中小企業や個人事業主になりますが、新規開業でも対応しています。

運転資金としての調達では、最低でも必要とされる書類だけではなく、これからの事業計画などは徹底的に対応をしてください。事業計画書が細かいことでは、審査要件として良いとされています。

融資審査に関しては、事業規模が小さくなければ借りれない。ですから、中小企業などでは審査も通りやすいと言います。銀行融資がダメだったとしても、日本政策金融公庫はオススメになります。

なぜ中小企業対象なのか?

政府系の銀行では、審査に通らない事業などには積極的に融資ができます。金利は、銀行融資とほぼ変わらないのです。銀行で借り入れができないのに大丈夫?と不安もあります。

また、日本政策金融公庫の審査では、より適切な書類作成のアドバイスをするというサイトがあります。わざわざ費用を出すのなら、指導しますとのサイトもあります。というのも、この方法では良いという対応がありますが。

日本政策金融公庫では、審査落ちだとしても何度もチャレンジしてみてという声もあります。何度も何度も申し込みして、やっと借りれたとの口コミもあります。

政府系と言うことでは

最低限の審査ボーダーラインとしては、ブラックリスト、税金の支払いをしていない。この点では、最初から借り入れができないと思ってください。

どうしてもここが、政府系だからという内容もあります。納税していない場合では各融資も厳しいのですが。

保証人がいれば

日本政策金融公庫の場合、保証人ありの融資も多く、低金利になります。保証人の存在が審査に大きく影響が出ますので、審査次第では借りれることになります。

金融機関としては、中小企業応援ということですが、ブラックリストなどには厳しいことになります。運転資金がほしいというブラックリストに関しては、銀行の融資はできないとされています。

事業計画書などの工夫で借りれる場合もありますが、信用情報の金融事故がある時には、解消してからの申し込みが妥当です。1度日本政策金融公庫の融資ができると、その後も借りやすくなると言う口コミが多いです。

政府系銀行の点では、審査基準も多少甘い程度です。中小企業、個人事業主対応というのは嬉しいことですが。

信用保証協会の融資について 

銀行融資で、運転資金を借りたい。

この時に、プロパー融資ではなく信用保証協会の融資がオススメです。プロパー融資は銀行直の融資です。信用保証協会では、ここに申し込みをすることで借り入れができることになります。

信用があれば

信用保証協会では、融資で返済ができない時に弁済してくれる機関です。ここで、銀行の融資として対応するのなら、審査基準が上がったとしても、借り入れができます。

プロパー融資と大きく違うのが、信用保証協会での審査がしっかりできていることです。審査内容としては、決算書、事業計画書なども必要ですが、これからの経営と対応についての厳密審査をされることになります。

この時には、事業規模だけではなく、これからの健全経営に期待されることになります。経営者としては信用保証協会の融資ができることは理想です。それからのプロパー融資の選択になりますが。

どうして銀行で借りれない?

信用情報では、金融事故があると借り入れができないです。これは、銀行では審査が厳し目です。ただし、低金利の内容では是非ということになります。

銀行融資の審査では、事業計画書も大切といいますが、案外と過去の実績を確認すると言います。こうして借りた、こうして返済したという内容では、重視されることが多いです。

融資審査では、特に借り入れができるのが、よほど返済保証がある時に借りれることになります。運転資金に関しては、これだけの投入でどうするか?ということが確認することが必要。審査基準としては、とても厳しい内容になります。

銀行だけではない

運転資金という点で言えば、そんなに高くない場合もあります。最低限というのなら、銀行ではなくノンバンクのビジネスローンの提案もあります。

ただし、ここは慎重になってほしいのが、ノンバンクのビジネスローンでは、銀行融資より甘い審査ですが、高い金利です。ですから、多額の運転資金では不向きです。

普段ビジネスローンと言えば、ちょっとした支払いだったり、多額だとしたらすぐに完済ができる支払いに対してのことです。運転資金としてビジネスローンの選択では、必ず慎重に融資を受けることです。

ブラックリストは借りれないかも

銀行融資はもちろんですが、ビジネスローンでもブラックリストは対応していない場合が多いです。

ブラックリストでも借り入れができる場合では、条件も厳しい。それが、融資に関しての条件では高い金利になるということですが、なかなかここも厳しい内容ですが。

どの運転資金が必要なり?いつ返すの?

運転資金を借りたい時には、一度立ち止まることが必要になります。運転資金と一口に言うのですが、銀行などの金融機関では、審査の中でどのような資金繰りなのかを確認します。

とりあえずお金がない

最悪なのが、この手の融資です。キャッシュフローがないので融資というのはおかしな話しです。自身の事業では、どの時期に適当なキャッシュフローがなくてはならないでしょう。

というのも、○日には売掛債権の回収ができる。支払いでは、○までに行えば良いという対応があります。これが、うまく回すことができる場合で企業としては、時期をずらすことでなんとかなることがあります。

明確に今のキャッシュフローがない事実を確認することでしょう。ここから始めてください。借りるタイミングがずれることでは、その他の返済が大変になります。

とにかく、運転資金の1つでとりあえずキャッシュフローということでは、そのキャッシュフローって何?ということをはっきりさせることが不可欠です。

いつまでいくらまで必要?

○○のための運転資金が必要であり、○には解決ができる。融資を受けたい時に月負担を小さくして長期で返済したい方もいます。

これが、融資では最悪です。はっきりとして融資が全て計画的利用してから、返済計画を徹底的に立てることになります。

実は、どうして資金調達が必要で、こうして返して、ここまで返すという事業計画書があることでは、融資審査に大きなポイントになります。

審査落ちかと思った

銀行融資では、どうしても事業の赤字などでは運転資金がほしいとぃっても審査落ちになります。

ところが、経営者としては運転資金の種類として、○をして○まで返す計画が立てられること。それが設備投資などではなく、日々の運転資金対応であり、なるべく早期で返済をしていく計画をしておくことが審査通過に貢献することになります。

ここが返済計画だけではなく、○○に使うためのものであり、運転資金の内容が必要性と徹底することです。

ブラックリストはNG

ブラックリストでは、経営者、申込者の信用情報が問題です。運転資金ですが、個人の信用情報が大きく関係します。それは事業では、個人のブラックリストでは借りれないことになります。

銀行はもちろんですが、ビジネスローンでも借り入れができないことになります。カードローン同等の対応になりますが、ブラックリストに関しては事業資金としても調達できないことになります。

ブラックリストというのは、個人のカードローン屋クレジットカードの使い方ですが、きちんとしていないと事業にも影響してしまうということです。

融資ではなくファクタリングで資金調達

どうしても支払いがある。融資を受けようとしたけれど、審査落ち。公共料金や税金の支払いがある時には、キャッシュフローが必要。こんな時も運転資金になります。

資金ショートになってしまう場合もありますが、少ししたら返済が出来るのに。

ビジネスローンも存在

ビジネスローンでは、審査次第では即日融資対応です。ローンカードタイプの利用が出来ます。慌てて申し込みしても、決算書と申込者の身分証明書だけでも借り入れができると言う内容です。

ビジネスローンでは、いざというときにとても便利です。消費者金融系では人気もありますが、土日でも対応しています。資金調達のためにも良いのですが、支払い程度の少額融資には便利です。というのも、高い金利だからであり、返済負担が大きいことも確認してください。

融資は無理

それでも、ビジネスローンでは審査落ちがあります。

銀行融資よりはずっと甘い審査対応ですが、それでも借り入れ出来ない場合もあります。1年未満の事業者は審査落ちです。というのも、決算書がない場合は審査対象にならないでしょう。

どうしても資金がほしい

資金がなくてはならないときには、融資やビジネスローンではなく、ファクタリングの方法があります。

ファクタリングでは、持っている売掛債権を早期現金化が出来ます。売掛債権を先に現金することでは、支払いなどが出来ます。後にファクタリングしたお金の入金はないものの、一時的に資金ショートの対応出来ます。

運転資金としては、融資ではなく、売掛債権の額面から手数料を取られた金額がすぐにキャッシュフローが可能です。返済計画も必要なく、すぐに現金ができることになります。

どんな場合でも

このファクタリングの存在では、審査があります。その時に、審査をするのは取引先の返済能力、売掛債権の回収能力です。申込者に対しては、審査をすることがなく、ブラックリストでも対応できると言います。ブラックリストでも資金調達ができることでは、ファクタリングは困った経営者には嬉しい対応になります。

ファクタリングでは、最近中小企業などでも対応しているようです。以前は中小企業ではなく、大企業だけに対応している資金調達でした。ところが、中小企業でも少額のファクタリングができることでなんとか運転資金の入手が可能になります。

制度融資なども無縁であり、ビジネスローンもブラックリストでは審査落ち。最悪の自体では、ファクタリングの資金調達も1つの手法です。

ファクタリングでは、インターネット対応になっていて、即日現金も対応しています。手数料に関しては、幅があります。それぞれのケースと会社で全く違ってきます。また、悪徳業者にも存在していることで、闇金手法のファクタリング被害も多いです。

ここは絶対に確認してほしいことです。口コミもやっと増えてきました。