お金が借りれない 融資してもらえない

お金が借りれない 融資してもらえない

お金が借りれない 融資してもらえないから困っている。なぜ融資をしてもらえないのか、それは信用情報が融資の審査に通らなかったからだと思います。

消費者金融の審査

審査とは、金融業者がお金を貸す際に、どんな借金をしていたかを調べることです。申し込み内容では、勤務先や住所の有無、虚偽申告がないかなど、とにかく返済ができる人なのかを徹底的に調べます。

大手消費者金融では30分程度で完了しますが、中小消費者金融などでは1日以上かかることも多いです。どうして大手消費者金融はスピード審査ができるのか?コンピューターのおかげもありますが、審査落ちの基準が多いからです。

一つでも異動情報があれば、審査落ちです。債務者なら多重債務、総量規制限度額を超えている、年収が少ない、債務整理して2年しかたっていないなどの要件があれば、その時点でNGです。反対に、何もない方はさらりと審査が完了します。

中小消費者金融では内容をしっかり吟味。金融事故に関しては一応チェックですが、それが直接的な審査落ちになるとしたら、内容がひどい場合だけです。

中小消費者金融でも借りれない

中小消費者金融は、多重債務にも債務整理にも比較的甘い内容で審査をします。それが売りであり人気なのですが、総量規制に関しては大手消費者金融と同様の審査です。

ですから、多重債務であっても総量規制限度内が少しでもあれば、他のチェックから何もなければそのまま審査は通過します。これが、ブラック対応と言われる要因であり、大手審査落ちでも借りれる可能性が高いのです。

その審査に落ちるということは、貸金業者としてはかなりひどいブラックだったということです。自己破産がダメだった?という口コミもありますが、審査ハードルとして自己破産は大した内容ではありません。申込ブラックも同様です。ただ、返済が遅れたり、滞納は一発アウトです。

消費者金融アルコシステム、消費者金融セントラルはホームページも展開していて中小消費者金融では有名ですが、延滞などは審査落ちです。老舗消費者金融なども甘い審査と言われるのですが、新規登録の際に延滞などの要件があれば、出直してこいという展開です。中小消費者金融会社にしても一定の審査ハードルがあるのです。

融資専門家に注目

大手消費者金融の審査落ちのあとの行動で借りれないと分かったら、自身の信用情報が悪かったとそのまま申し込みを続けないことです。

中小金融でも任意整理直後などは絶対に審査落ちです。そして、専門家は大手消費者金融審査落ちになった場合、すぐに債務整理をすることをオススメしています。

貸金業登録の中小消費者金融でも借入ができる可能性はあります。しかし、審査基準が甘いからと借りてしまうと、返済が負担になります。なので、余裕のない借入は絶対に債務整理です。そして、この債務整理は早ければ早いほど良いと言うのです。でないと、一般金融ではなく闇金融に絶対に走ってしまうのです。

そう言えば、中小消費者金融でも総量規制対象外のまとめローンもあったよね?と言うかたもいますが、おめでたい人です。まとめローンの方が審査が厳しくなってしまいます。とにかく、今は融資はできないと思って下さい。