中央リテールの融資条件 属性について

中央リテールの融資条件 属性について

多重債務解消、甘い審査の中央リテール。おまとめローン専用の消費者金融ですが、全ての方が理由できるわけではないです。

スタッフが貸金業務取扱主任者の有資格者であり、返済計画をきちんとたてて、完済を目指すキャッシング会社です。単に審査の甘い中小消費者金融というわけではありません。原則として、多額の多重債務者で、信用情報の金融事故は多少甘めの審査でブラック対応の中央リテールですが、こんな方は最初からNGです。

未成年と66歳以上の方

消費者金融など金融機関と同じと考えて良いでしょう。特に高齢者の方で年金受給者なども審査落ちになる場合があるようです。最初の年齢確認で即審査落ちです。

健康保険未加入の方

健康保険というのは、社会保険か国民健康保険です。加入していないという方は、無職の方が考えられます・

中央リテールは収入ゼロは対応していません。また、健康保険未加入の方は社会的な生活を営んでいないと判断されるようです。

延滞している

消費者金融、銀行、クレジットカード会社など、全ての金融機関の申込で延滞している方は絶対と言ってよいほど通りません。

延滞していたと延滞しているは全く別物です。利用者の最低ルールとして、多重債務してでも延滞は回避しなければ先に進めません。最も多重債務返済のため借入の申込の方も少なくないようですが、中央リテールは総量規制対象外のおまとめローン専用ですから、そのような借り方も不可能です。

所得証明ができない

中央リテールの審査の一つに在籍確認があります。勤務先を記入してもらうのですが、そこに書き込む会社がない方、所得がない方は申込ができません。専業主婦もNGです。

個人事業主の場合、確定申告などをしていないと、正式な所得証明がないと申し込みはできません。

中央リテールの申し込みの入り口で、上記の方は最初から考えないことです。しかし、中には、上記以外でも審査に落ちてしまう方もいます。

勤続年数が短い

収入はある、勤務先もしっかりとしていて、在籍確認もとれる。だけど、勤務年数が1年以内であれば審査は難しいです。

勤務先だけではなく、居住も聞かれます。そこに住んで何年ですか?と。1年以内の場合、以前の住居のことなども詳細に聞かれることになります。

延滞していた

上記は延滞しているですが、ここでは延滞していた、です。それも、1年以内で3回以上の延滞は審査落ちになります。この記録は1年間保存されていますから、記録解消後の申し込みをしなければ審査に通りません。

借入件数、借入額の問題前に、本人の属性部分で審査が困難な方も多いです。複数の貸金業者で借りている、金融事故もある方もある程度多くなくてならないなど審査にも特徴はあります。

しかし、融資限度額に対して返済がしっかりできると証明されないと借入はできません。借入ではなく返済目的であることを認識した上で、最終的な審査のための来店者との会話で審査通過が決まるようです。