在籍確認ができないと審査落ち

在籍確認ができないと審査落ち

消費者金融に申し込みをしたのに、キャッシング審査に落ちる、お金が借りれなくてパニックになることがあります。ブラックなど心当たりがあれば納得ですが、なぜ借りれないか理由が不明なとき、少し落ち着いて考えてみて下さい。

今日は会社がおやすみ

キャッシングと仕事は、収入元の確認である在籍確認の存在が大きいです。消費者金融では、申し込みを受けたときに審査基準に合えば、返済ができるかの確認で必ず在籍確認を行います。

在籍確認は勤務先に電話をするだけ、それも担当者の個人名でどうみても私用電話的な内容です。それが会社が休みで働いている方がいないのなら、在籍確認が不可能です。それで借りれない状態になってしまいます。オーバーな言い方ですが、審査落ちです。

最近は、在籍確認が電話ではなく、社会保険証や写真付きの社員証などで対応してくれる大手消費者金融もありますから、もし会社が休みのときの消費者金融の申し込みのときには気軽に相談ができます。

なぜ在籍確認が必要なの?

キャッシングの申し込みのときに書き込む勤務先は、「私には収入があります。ここで働いています。」という証明です。必ずそれを確認しなくては、いい加減な情報であれば借入したとしても返済の保証がありません。そのための在籍確認です。

ここで注意したいのは、先月退職したけれど転職すぐではお金が借りられないから、在籍確認だけ行ってもらうというものです。在籍確認だけの依頼ですが、これはバレます。転職したては審査に通らない、大手消費者金融では1年以上の勤務経験が必要ですが、前職が長かったから頼むと言うのは虚偽申請になります。

在籍確認ダミー会社

実は、こうした在籍確認がうまくできない方を相手に在籍確認を請け負うダミー会社が存在しています。

会社名と電話番号の記載で、消費者金融の在籍確認を請け負うのですが、大手消費者金融のほとんどがこのダミー会社の存在を確認しています。ですから、勤務先として、このダミー会社や電話番号を記載した時点で審査落ちになります。